【清原の子ども】やっぱ遺伝ってすごいよね

慶應義塾幼稚舎

元西武・巨人・オリックスの清原の子どもは二人とも幼稚舎に入っています。

2試合連続打点…清原和博の慶応・長男「父を号泣させた魂の言葉」(FRIDAY) - Yahoo!ニュース
偉大な父親を彷彿とさせる右打ちだった。 5月31日に神宮球場で行われた東京六大学のフレッシュトーナメント(1、2年生チームの総当たり戦)、慶応対東京大学の試合。慶大の4番に抜擢された清原正吾君(2

長男の清原正吾君は、慶応野球部に入り活躍しています。

清原は、慶応幼稚舎に何のコネもありません。

しかし、正吾君の身体能力が異常に高く、入試の際に「何だこりゃ???」と慶応幼稚舎の教師陣が驚いて合格となったと聞いています。

実際に、この記事でも以下のような記載があります。

「正吾君は身長186cm、体重90kgという父親譲りの恵まれた体格です。慶応幼稚舎にいた小学6年までは、日本ハムの清宮幸太郎も所属していたリトルリーグ『オール麻布』に所属し二塁を守っていましたが、慶応普通部(中学)に入学するとバレーボール部へ。慶応高では、アメリカンフットボール部でタイトエンドのポジションを務めていたそうです。 昨春、慶応大に入学したのを機に6年ぶりに野球を選択。バレーでもアメフトでも活躍し、大学野球でレギュラーをうかがうという身体能力の高さは、慶応の幼稚舎の入学試験当時から注目されていたと聞いています」(慶大野球部関係者)

基本的に、小学校受験でノーコネの場合、遺伝で勝負は決まります。

ですから、お子様が仮に残念な結果になっても決して責めないであげてください。

小学校受験は親のエゴであり、その結果は自分の遺伝子によって決まるものなのですから。

タイトルとURLをコピーしました