慶応幼稚舎に受かる子ども

慶應義塾幼稚舎

「縁故無しで、お勉強が出来る普通のお顔の子と勉強が苦手だけどかっこよくて目が輝いている子ではどちらが受かりやすいのでしょうか?」というご質問をいただきました。

ご質問してきた方のお子さんは、残念ながら受からないでしょう。なぜなら慶応幼稚舎にはペーパーがないので「お勉強が出来る普通のお顔の子」という時点でお里が知れます。「勉強」はそもそも入学試験の科目に入っていないんですよね。

慶応幼稚舎は、女の子の場合、一芸に飛びぬけていて可愛い子が合格します。

可愛いというのはどういうことかというと、顔面偏差値が高いのはもちろんのこと、いつも笑顔で愛嬌が良いという意味です。

私が知りうる限りでは、メガネの女の子で受かった話は聞いたことがないですね。

メガネの子はオルソトケラジーという夜寝ている間にコンタクトをして、昼間はメガネなしで活動できるというものを利用した方が良いと思います。原則として、6歳から利用することが可能です。

夜コン。手術しない視力矯正治療「オルソケラトロジー」
寝ている間に特殊なコンタクトレンズを装用するだけで、日中は裸眼で過ごせるようにする視力矯正法があります。手術不要で、近視進行抑制効果を期待できるため小さなお子様にもおすすめです。今話題の近視・乱視を矯正できるオルソケラトロジー(オルソ)の内容を詳しくお伝えいたします。

タイトルとURLをコピーしました