小中高大学と慶應に入れず早稲田に行った30代男性の後悔

未分類

この記事、すごいな。早慶なんてどっちでもええやん。

私が東大に行って良かったことは、学歴コンプレックスが一切ないことです。限られた人生で「慶應に行きたかった・・・」なんて1秒も考えたくないです。

大学受験は、浪人が許されない経済的な事情により、一般受験から指定校推薦へと路線変更しましたが、上位獲得者が慶應の推薦を提出しており、私は最後まで夢叶わず早稲田へ進みました。」

ここがダメだな。受験の必勝法は「覚悟」なんだ。絶対受かるという「覚悟」。それだけ。

指定校推薦なんてぬるいものを使うんじゃなくて、この人の場合は、死ぬ気で慶應を目指すべきでしたね。

小中高大学と慶應に入れず早稲田に行った30代男性の後悔
慶應がそんなにいい? 有名大を卒業したら「モテる」「就職できる」などと、もてはやされたのは昔のこと? 今や有名大卒の肩書が役に立つのは新卒採用のときぐらい。モテるとは限らないし、仕事ができなきゃ容赦なくクビになる時代になった。 それでも「…
タイトルとURLをコピーしました