シイタケを育ててみよう!

慶應義塾幼稚舎

梅雨に加えてコロナ大流行の中、外にも出られない週末が続いているかと思います。

というわけで、家でできて願書ネタにもなるシイタケ栽培をしてみませんか?

芸人の三四郎の相田も、あまりに暇すぎてシイタケを育てたらメチャクチャ取れて、嫌がるスタッフに無理やり配ったというエピソードを持っています。

三四郎の小宮と相田は成城学園出身ですから、お坊ちゃん芸人なんですよね。

小学校受験で、「栽培」はキーワードになると思います。
何かを育てるということは、子どもの心にさまざまな事を気づかせ、考えさせる作用があるからです。

栽培をする目的として、次のようなものがあります。

・野菜の好き嫌いの解消を促す。
・五感を使うことができ、発達を促す。
・食べ物に興味を持つ機会となる。
・自然に触れることから豊かな感性の育成となる。
・野菜を育てながら、命を育てる実感を持たせる。

よくあるのは、夏野菜を育てると行ったことなのですが、夏しかできないのは、勿体ない!
家の中でできることもいっぱいあると思います。

レタスとか、アルファルファとか、キノコ類とか、太陽が弱くてもできるものがあります。

おすすめは、やっぱりシイタケです。これが簡単でたくさんとれるのです。しかも1500円でキットが買えるのでコスパは最高です。

シイタケをバターで炒めるとそれはおいしくて、食育にもつながります!

まさに願書ネタの宝庫と言えましょう!

Amazon.co.jp: シイタケ栽培キット 【もりのしいたけ農園】 : DIY・工具・ガーデン
Amazon.co.jp: シイタケ栽培キット 【もりのしいたけ農園】 : DIY・工具・ガーデン
タイトルとURLをコピーしました